バナー

住宅購入はリスク的に変動金利が

住宅購入をする時には、一括で買うのが基本的にはベストになります。

これは金利の支払いがないからであり、かなりよいことになります。

しかし、大抵の人はそれができないです。

そんなに一度に大金を用意できるわけがないからです。



そこである金融サービスを利用します。

それが住宅ローンであり、多くの人がこれを活用しています。


その住宅購入の際の借り入れですが、金利に色々と種類があります。


いくつかのパターンが大雑把に考えますと二種類になります。



それが固定金利と変動金利です。
名前の通りの金利の考え方ですが、どちらがよいのかと言うのはその状況次第になります。将来的に下がることを考えるのであれば、変動金利にするのが賢明です。

住宅購入としては、かなりの額を借りる可能性が高いですから、現状の金利がやや高めであれば固定金利で借りるメリットはないです。

変動金利であれば、相場に合わせて、何年か一度に見直しがあります。

OKWaveに関する情報満載のサイトです。

これを期待して変動金利での住宅ローンを組んだ方がリスク的にはメリットがあります。

但し、これは考え方次第でもあります。


今現在の金利でまったく問題ないというのであれば固定金利でもよいです。

むしろ、計算、予測が立てやすいという意味では非常にお勧めできます。

これは将来設計にもとても影響してくることですから、ファイナンシャルプランナーなどと相談をして、考えるべき要素になります。人生を左右しますから、軽々に決めることではないです。